FC2ブログ

Entries

08/12のツイートまとめ

yamamoto7hei

■山本七平botまとめ/【受験勉強的思考】/模範解答が無い問題は考えた事が無い明治以来の日本人https://t.co/0XiUsLDk9C
08-12 00:10

■山本七平botまとめ/【履歴書の検討】/思考不能に陥った「自己把握なき」日本/~明治維新とアメリカ占領統治、二度にわたる過去否定が招いた「無意識の拘束」とは~https://t.co/uBSBKK4Sui
08-12 00:20

■山本七平botまとめ/【履歴書の検討②】/日本民族の履歴書における一転換点となった「かなの創造」「宗教混淆(シンクレティズム)伝統の確立」「朝幕併存体制の確立」https://t.co/LaNzqsAS2b
08-12 00:30

■山本七平botまとめ/【読み、書き、そろばん】/なぜ中国は近代化に失敗し、日本は成功したのか?/~自らを辺境文化と規定し、文化の中心を日本の外に置いて学び取る伝統が「脱亜入欧」を可能にした~https://t.co/hVi8TJkc2H
08-12 00:40

■山本七平botまとめ/【器量絶対の価値観/世俗法、貞永式目】/常識のルーツであり、日本人の考え方・行き方を方向づけた「貞永式目」とは/~どこの国の模倣でもない固有法・貞永式目~https://t.co/VTQupqRddu
08-12 00:50

■山本七平botまとめ/【能力主義】/相続まで能力主義で律していた「貞永式目」以降の日本社会/~男女間で差別が無かった男女同恩の相続原則~https://t.co/IlWVC3L9Mz
08-12 01:00

■山本七平botまとめ/【静かなる下剋上】/徹底した個人主義の下剋上/~「”一揆的”集団主義」と「器量絶対の”下剋上的”能力主義」の二面性を内包する日本社会~https://t.co/RaTJC0r3aS
08-12 01:10

■山本七平botまとめ/【静かなる下克上②】/能力評価以外を不公正と考える日本人/~日本を現代へと発展させたアクセル「能力主義の武家的伝統」とは~https://t.co/jJKRpUJE42
08-12 01:20

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか①】/論語と聖書、共に通暁することは「日本の位置から西欧を見、西欧の位置から日本を見ること」https://t.co/AgR9E5AXR9
08-12 01:30

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか②】/なぜ、日本が近代化を成し遂げながら、伝統的規範を維持できているのか?https://t.co/aEYONtF5Mh
08-12 01:40

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか③】/「由(よ)らしむべし、知らしむぺからす」の曲解を正すhttps://t.co/xFK0sHrZXN
08-12 01:50

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか④】/「信」が失われた無規範社会の恐ろしさhttps://t.co/nCOLynZ7Vd
08-12 02:00

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑤】/世捨人を容認しない孔子/~現実からの逃避は、無規範社会の肯定に同じ~https://t.co/hqyawz0Xa6
08-12 02:10

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑥】/「世俗社会の秩序」樹立こそ、孔子の目標https://t.co/p4fdklIQkM
08-12 02:20

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑦】/民主制(デモクラシー)が機能する為の前提となる「共通の絶対的規範」の存在を忘れてしまった戦後日本人https://t.co/qQs5WN0muy
08-12 02:30

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑧】/「諸悪の根元」を根絶しても、理想社会は到来しない。 https://t.co/B0diRzS92F
08-12 02:40

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑨】/「怪・力・乱・神」を語らず「古(いにしえ)」を好んだ孔子 https://t.co/Fs8iZmDfYu
08-12 02:50

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑩】/「思いて学ばざる」ことの悲劇https://t.co/JTYJWnMLPP
08-12 03:00

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑪】/理想社会の出現を信じない徹底したリアリストだった「聖」社会人・孔子https://t.co/rc8W6rXdq3
08-12 03:10

■山本七平botまとめ/【有教無類(ゆうきょうむるい)】/論語には能力平等主義の思想はない。https://t.co/O9hoeMeYV7
08-12 03:20

■山本七平botまとめ/「六言六蔽(りくげんりくへい)」六つの美徳(仁・知・信・直・勇・剛)には六つの弊害がある。https://t.co/Dvcs9RGqV5
08-12 03:30

■山本七平botまとめ/「論語的」評価で人物を評価する日本社会https://t.co/JKNZiGVyyP
08-12 03:40

■山本七平botまとめ/なぜ日本は伝統的に平等社会なのか/~日本の平等思想の背後にみえる「孔孟の影響」~https://t.co/hsCwgmWKod
08-12 03:50

■山本七平botまとめ/相当に”暴虐な社会”にっぽん/~タテマエでは民主的なことを口にしながら、ホンネでは「論語的評価」で人を評価する日本人~https://t.co/pdwReGUE07
08-12 04:00

■山本七平botまとめ/平等社会とは「管理を意識させられる社会」であるhttps://t.co/fbdlq1dzRU
08-12 04:10

■山本七平botまとめ/孟子が説いた平等社会の「管理システム」https://t.co/AjCSr1F5rO
08-12 04:20

■山本七平botまとめ/論語は「人望学教科書」/~平等社会での管理職を決める唯一の原則は「人望」~https://t.co/aCtaj1Uxnj
08-12 04:30

■山本七平botまとめ/「天命」を忘れ去った戦後教育の問題点https://t.co/8dNwL1pkDM
08-12 04:40

■山本七平botまとめ/一揆的集団主義の伝統的文化を持つ日本/~アメリカ式経営が日本で失敗する理由~https://t.co/J9uGNZclU6
08-12 04:50

■山本七平botまとめ/欧米は法・契約的社会、日本は礼・楽的社会/~「礼楽」を無視すれば、崩壊してしまう日本の組織~https://t.co/ZFfejJDCRQ
08-12 05:00

■山本七平botまとめ/自前の秩序「式目的能力主義」&「一揆的集団主義」を”礼楽”という輸入概念で秩序づけた日本社会https://t.co/5PRQAND1Og
08-12 05:10

■山本七平botまとめ/日本の礼楽的感覚が理解できない外国人https://t.co/dCXHsMfffM
08-12 05:20

■山本七平botまとめ/日本的礼楽社会の問題点/~礼の実行は自己の内心の秩序の問題~https://t.co/zHPNyITwX3
08-12 05:30

■山本七平botまとめ/「天」賦ではなく「多数決」賦人権を民主主義と考える日本人/~「内外規範の峻別」をせず「一致同心」を求める日本的伝統とは~https://t.co/N4hjjTDK6A
08-12 05:40

■山本七平botまとめ/西欧の民主主義と全く異なる日本の「天意=人心論」的民主主義/~天賦人権論が蔑ろにされる理由とは~https://t.co/susg3mLrri
08-12 05:50

■山本七平botまとめ/法治を排する徳治主義/~「孟子主義」色が濃い民主主義もどきの日本~https://t.co/RFooPRqUcQ
08-12 06:00

■山本七平botまとめ/民意を絶対としながら、民意の投票結果を絶対としない日本人https://t.co/xxbxARlLKK
08-12 06:10

■山本七平botまとめ/易姓革命が無かったことを恥じた日本人/~「民意絶対」&「聖人政治家待望」&「ノン・カタギへの期待」という奇妙な分裂的混乱状態にある日本~https://t.co/TrMNZn04nQ
08-12 06:20

■山本七平botまとめ/男女の役割が逆転した社会は「進歩」なのか?/~「男性的・女性的」要素の大部分は”後天的に”社会的任務によって決定される~https://t.co/wnQjbPvvog
08-12 06:30

■山本七平botまとめ/二千年前のエジプト下層民の風習であった「仲人なしの契約結婚」形式を”進歩”とは呼ばない。https://t.co/JANcIRVmK0
08-12 06:40

■山本七平botまとめ/約二千年前の「ババタの書類」/~第二次ユダヤ叛乱で死んだ未亡人ババタ~https://t.co/MvVWV15KaI
08-12 06:50

■山本七平botまとめ/文化混交に基づく「二重の基準」がユダヤ民族を滅ぼした/~西欧の「根」から生まれた思想を「オウム」のように口にすることを、なぜわれわれは”進歩”と考えるのか~https://t.co/w4ka4S8PTl
08-12 07:00

■山本七平botまとめ/「イギリスによるタチャンブリ人の部族間戦争禁止」と似ている「アメリカによる平和憲法」https://t.co/XzKxjxZgjn
08-12 07:10

■山本七平botまとめ/ユダヤ民族滅亡の責任を他に求めなかった”臨終医”ヨセフスhttps://t.co/2KI1UDPiQx
08-12 07:20

■山本七平botまとめ/興国史談ばかり求める続けるのも「滅亡の定理」/~「亡国史談」を全く受け入れなかった近代以降の日本~https://t.co/3GsWVmuPwX
08-12 07:30

■山本七平botまとめ/フラウィウス・ヨセフス、民族の裏切り者であり、予言者であり、愛国者であり、臨床医であった男/~民族の滅亡を双方の立場から詳細に見続けた史上唯一の人物~https://t.co/NW0n7NmBGk
08-12 07:40

■山本七平botまとめ/”解放”という名の押付けーーその起源/~「諸悪の根源」だったアレクサンダー大王の東征~https://t.co/dnFkp1OrzK
08-12 07:50

⑪【山本】「第二イザヤ書」の有名な「苦難のしもベ」にしても、新約聖書のキリストにしても、罪のない人間として設定されているからこそ、人間の罪をすべて背負って処刑されたりすることができる。
08-12 08:12

⑫【山本】ところが、日本の場合は、諸悪の根源を殺しても、それが自分たちの罪を転嫁されて身替わりになって死んだのだという痛みがともなわないでしょう。何しろ”諸悪の根源”なんですから……。【岸田】罪をなすりつけている意識がまるでないわけだ。
08-12 08:42

⑬【山本】新約聖書には、善玉、悪玉という意味での悪人という存在は出てこないんですよ。人間はすべて、いわば「善悪人」です。【岸田】ところが、日本の社会が悪人を必要とするのは、皆が自分を善人だと考えるからであって、自分の内なる悪に無自覚なためですね。
08-12 09:12

⑭【岸田】自分の内なる悪に無自覚だから、他人にそれをなすりつけなければならなくなる。本当の悪人というのがいるとすれば、それは他人を悪人に仕立てあげる人なんですよね。そうしているという自覚なしに。僕に言わせれば、あいつは悪人だと言って正義を振りかざす奴が一番たちの悪い悪人です。
08-12 09:42

①【岸田】それにしても、なぜ日本人はこうも簡単に自分が善人であると思いこめるのか。【山本】これも幻想だな。【岸田】大いなる幻想、赤ん坊善人説につらなる幻想ですよ。ぼくは以前、主観と客観は逆比例する、という文章を書いたことがあるんです。<『日本人と「日本病」について』
08-12 10:12

②【岸田】たとえば、自分が思いやりの深い人だと思いこんでいる人間がいるとします。自分は他人の気持ちをよく理解し、汲みとってやっていると、日頃考えているわけです。すると、彼は自分が人の心を理解せず、人を傷つけるケースがあってもそれに気がつかない。
08-12 10:42

③【岸田】自分を思いやりの深い人間と思っている者は、じつは自分が人を傷つけている事実に気がつかないだけである。逆に、真に思いやりのある人間というのは、自分はつねづね、人の心を傷つけてしまっている事実をよく知っているんです。主観と客観の関係というのはそんなふうに逆比例する。
08-12 11:12

④【岸田】それを、”思考の全能”ではないけれど、主観イコール客観と置いてしまうから恐いんです。【山本】パウロにみられる「罪」の意識というのは”わが欲する善は行わず””わが欲せざる悪を行う”である。この罪のある人間から、どうやって脱してゆけるのかという問題意識なんですね。
08-12 11:42

⑤【山本】人間は自分が欲する善は絶対に行わないものだという前提に立つとしますと、もし善意があるとすれば、自分がそれを実行していないという意識としてしかないわけです。自分が欲していないことばかり実行しているという意識ですね。日本では善意もそのまま実行してしまう。
08-12 12:12

⑥【山本】これは明治維新より古い発想だから根が強いですな。【岸田】そんな言いかたをすると、ひねくれていると思われますよ。(笑)【山本】そうなんです。「善意が通らない」と言うから、そんな善意が通ったら社会は大変なことになるといえば、憤慨されますから。
08-12 12:42

⑦【山本】戦後は特に自分が善で社会が悪だという単純形式で来ておりますから。【岸田】そこで、この悪い社会をぶっつぶせばよい、と。革命もまた性善説を前提にしているんですな。
08-12 13:12

①【日本は穢土】【山本】と同時に、どこかの国でそれで成就しているという錯覚を絶えず抱きます。だから、成就していないことが証明されてくると、深く幻滅する。中越戦争などは好例ですね。<『日本人と「日本病」について』
08-12 13:42

②【岸田】幻滅しても懲りずに恋愛する惚れっぽい女にかぎって、惚れられたほうが迷惑している事実に気づかない。だから、この幻滅の構図は、片思いの女がふられた時と似ていますね。あんなに自殺をするほど愛していたのに、なぜ受け容れてやらなかったのか、と、振ったほうが非難される。
08-12 14:12

③【岸田】振れば自殺するほど惚れられるなんて、惚れられるほうにすれば、えらい迷惑なんですが、相手にしてやらないとなぜか薄情だときめつけられる。【山本】…日本人留学生がアメリカの女性を殺した事件。相手の女性はきっと、日本人研究かなんかしていたに過ぎないんでしょう。(笑)
08-12 14:42

④【岸田】日本の男性は一途に、純粋に思い詰めた。日本では同情が集まるかもしれないがアメリカでは無理ですね。しかし、日本人はどうして惚れっぽいのかなあ。ドイツに惚れたり、アメリカに惚れたり、北京に惚れたり、ベトナムに惚れたり、忙しいことです。
08-12 15:12

⑤【岸田】どこかほかの国に次々と惚れるというのは、つねに日本の現実を汚いと感じているからでしょうか。【山本】そうですね。やはり浄土希求。日本は穢土で、向こうが浄土。そういえば東の方にはあまり浄土がないですねえ。西方浄土でなくてはいけないんでしょう。
08-12 15:42

⑥【山本】そして汚れた日本に居ても、自分は浄土を希求し、穢土である日本を批判するがゆえに純粋であると考える。【岸田】自分の純粋さを裏付けるために、どこかの浄土に惚れこむんですな。
08-12 16:12

⑦【山本】だから、あの国は浄土でないなどと、かりそめにも指摘してはいけないんだ。【岸田】惚れている女の悪口は禁句です。アバタをアバタと指摘してはいけない。(笑)
08-12 16:42

⑧【山本】しかし、幻滅さえしなければ「振られでもなお」という心情はあります。ベトナムを懲罰したように、かつて毛沢東は日本にも懲罰を下すべきだと発言したという話がもし伝わったとしたら、心酔者は…ひたすら反省したんじゃないですか。総理大臣以下、全員が悪い位の事を言いかねない。
08-12 17:12

⑨【岸田】東京裁判を無批判に認めた心理と同じですね。東条英機らが靖国神社に祀られていたことが問題になりましたけど、戦犯というのはつまりアメリカの裁判で有罪になったんですよ。
08-12 17:42

⑩【岸田】彼ら指導者の誤りによって、多くの日本人が悲惨な目にあったという罪で日本人が彼らを裁いたのならば、たしかに靖国神社に祀るのは問題があります。しかし、日本の基準ではまだ犯罪者であるかどうか決まっていないんです。
08-12 18:12

⑪【岸田】自分では裁判をせず、アメリカの裁判で犯罪者とされたその基準を無批判に受け容れているわけですね。彼らを犯罪者と見なすというのなら、日本の裁判でやるべきです。実際、彼らは裁判にかけられてしかるべきほどの過ちを犯しています。
08-12 18:42

⑫【岸田】しかし、日本の裁判にかけていない以上、日本人が彼らを犯罪者扱いするのはおかしい。別に、彼らを弁護する気はありませんがね。しかし、どんな国家でも、その国民一般の平均水準以上の指導者を持つことはできないんですよ。
08-12 19:12

⑬【岸田】たまたまその水準を抜きん出た賢明な指導者がいて、国が間違った道にはまり込もうとしているのに気づいて押しとどめようとしたら、暗殺されるか、暗殺されないまでも失脚させられます。そして国民は、国民の気に喰わぬ事をしようとした者が暗殺された事を拍手喝采して喜ぶでしょう。
08-12 19:42

⑭【岸田】みんなの拍手喝采が得られることなら、どんなことでもやるという連中には、いつだって事欠きませんから、暗殺者はいくらでもいます。もし、当時、東条が勇断をふるい、アメリカと妥協して、大陸撤兵を決意したりしていたら、確実にテロで殺されていたでしょうね。
08-12 20:12

⑮【岸田】東条なんて、気の小さい平凡な男で、救国の英雄といった柄でも、極悪人といった柄でもなかったと思いますが、評価をガラリと変えたのは国民の方でね。【山本】そのことに誰も疑問を感じないところがおもしろいな。
08-12 20:42

⑯【岸田】簡単に百八十度転換できるわけです。戦争中は非国民という諸悪の根源をつくり、戦後は、かつて最高の善人、純粋人間であった軍人を、一握りの軍国主義者という名の悪人にする。しかも、その転換の奇妙さ不思議さに誰も気づいていない。
08-12 21:12

⑰【山本】「だまされた」という前提をつくるからでしょう。一億全員が詐欺にかかった。善人はだまされやすいんです。(笑)善意を百パーセント通すには神にならざるを得ないのに、現実は、善意の通らない社会は悪いという考え方が支配的ですからね。
08-12 21:42

⑱【岸田】一度、問題をひっくり返して考えるといいんですよ。なぜ、社会に通らない考えを善意と考えるのか、と。通らないのは、「善意」の側にそれだけの理由があるのではないか、と。【山本】そう、そう。それこそが真に問うことの第一歩になるはずです。
08-12 22:12

①【山本】ま、ここで信仰箇条ふうに症例を挙げるとすれば、社会ハ悪、我ハ善ナリ。そして純粋ヲ尊ブベシ。(笑)特にこの純粋信仰という奴、実に興味深いですね。【岸田】特に動機が純粋であれば人を殺してもいいという、あの…。【山本】動機純粋論ですね。<『日本人と「日本病」について』
08-12 22:42

②【岸田】あの思想の系譜はどこから来たのか。【山本】それはもちろん戦前から、いや徳川時代からありましたね。尊皇思想以来です。天皇の絶対と個人の規範だけが絶対化されれば、その人間が純粋に天皇を思い、規範においても純粋であればそれでよいことになります。
08-12 23:12

③【山本】五・一五事件の弁護論は全てその発想に基づく動機純粋論でしたよ。弁護を担当した菅原という弁護士が…要するに弁護の方法は一つしかない、動機が純粋であった、だからふんどしまで替えていったと押してゆけばそれでよいのだという。そうすれば世論が味方をしてくれる。
08-12 23:42

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/tb.php/2687-46329af9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

山本七平bot

Author:山本七平bot
山本七平bot(@yamamoto7hei)がつぶやくツイートを日毎にまとめるブログです。
ちなみに、今までこちらのアドレスに存在したブログ「一知半解なれども一筆言上」管理人がつぶやくツイートまとめ記事は→http://yamamoto8heitweets.blog.fc2.com/ へ引越しいたしました。よろしくどうぞ。

山本七平botが、現在つぶやいているツイート

山本七平bot < > Reload

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR