FC2ブログ

Entries

12/18のツイートまとめ

yamamoto7hei

■山本七平botまとめ/ユダヤ民族が消滅しなかった理由とは/~古代ユダヤ国家滅亡の一因「民衆蜂起万能信仰」~https://t.co/M4bqqUZi7V
12-18 00:00

■山本七平botまとめ/イエスも答えられなかった「二者択一」/~ユダヤ人が陥った二重の文化・二重の基準の陥穽とは~https://t.co/p65ufDFsQ3
12-18 00:10

■山本七平botまとめ/ローマ化したユダヤ人が選択した道、サドカイ、ファリサイ、エッセネ/~「アメリカ化した」日本とユダヤとの相似性~https://t.co/uWrYzfTJee
12-18 00:20

■山本七平botまとめ/普通人は”ミディアム”を選ぶ/~律法に殉ずることもできないが、かといって律法を捨てローマ化することも出来なかったサイレント・マジョリティのユダヤ人達~https://t.co/pCaCYXlN4r
12-18 00:30

■山本七平botまとめ/二重の基準を生きるユダヤ人多数派が選んだファリサイズム/~自分達の現実の生活規範と古来の律法を”口伝”でつないだファリサイ派~https://t.co/IotbZdvhkg
12-18 00:40

■山本七平botまとめ/「神かカイサルか」を突きつけられた中間派ファリサイ/~真のファリサイを偽善者と呼ぶ「本物の偽善者」=商業左翼~https://t.co/KkQWIn2GRG
12-18 00:50

■山本七平botまとめ/民族を滅ぼすものは「教育」/~自らの思想と相容れない社会に生きる集団はファリサイ化する~https://t.co/RmW4F9Lch3
12-18 01:00

■山本七平botまとめ/イエスが痛烈に批判したファリサイ派の「自己絶対化」/~ファリサイ派が権力を否定し、自ら統治の責任を負うことを拒否し、万年野党化した理由とは~https://t.co/JH2VCfvqMU
12-18 01:20

■山本七平botまとめ/「人が何に対して被統治意識を持つか」が最大の問題/~政府ではなく会社に被統治意識を抱く現代人~https://t.co/Pbl10c5WsW
12-18 01:30

■山本七平botまとめ/古代ユダヤと酷似している現代日本社会の「被統治意識」とはhttps://t.co/sOm2ntvFi1
12-18 01:40

■山本七平botまとめ/「神への被統治意識」と「実質的統治者に対する拒否感」の狭間で、自縄自縛に陥ったユダヤ人https://t.co/6gQ2BEwz4C
12-18 01:50

■山本七平botまとめ/イスラエルに三十余年の平和をもたらしたヘロデ王とは/残虐非道圧制虐殺の人、自分の妻も息子達も処刑した古代の「スターリン」ヘロデ王https://t.co/T0UMjADfnl
12-18 02:00

■山本七平botまとめ/イスラエルに三十余年の平和をもたらしたヘロデ王とは②/「国家理性・権力理性」の体現者、ヘロデ王https://t.co/jelhdjWrMo
12-18 02:10

■山本七平botまとめ/ヘロデ王が生涯を通じて闘った相手とは/「被統治意識」が拒否される世界を統治した鋼鉄の人、ヘロデ王https://t.co/eZuBw4hJoL
12-18 02:20

■山本七平botまとめ/多数者たる「民」の沈黙と盲従/自らへの統治力を失い、テロと無秩序に支配されたイスラエルhttps://t.co/Cyl2kgioeQ
12-18 02:30

■山本七平botまとめ/古代イスラエルと近代日本に共通する「文化の受容に基づく矛盾による破滅」https://t.co/bdpUiblwO2
12-18 02:40

■山本七平botまとめ/文化輸入を先導した明治期の指導者タイプとは/~政治屋(ポリティシャン)で十分だった明治維新~https://t.co/ZI9PIpKIj9
12-18 02:50

■山本七平botまとめ/天与の資質(カリスマ)を欠いた政治屋が成し遂げた明治の大改革/~「ヘレニズム化した古代ユダヤ」と「文明開化の日本」の相似性~https://t.co/aXDu5CvkvI
12-18 03:00

■山本七平botまとめ/「対外的に満点を取り、それが満点であることを対内的に提示して指導性を確保する」行き方しかできない日本の指導者https://t.co/8mFJYX6bbb
12-18 03:10

■山本七平botまとめ/明治維新の志士は社会党員だった/~「言いかえ」によって外来の文化的衝撃を緩和した日本社会~https://t.co/g675la5wPN
12-18 03:20

■山本七平botまとめ/「輸入の論理」と「不文律の慣習法」との狭間で始末の悪い二重基準に陥った日本https://t.co/AE6liLIquf
12-18 03:30

■山本七平botまとめ/「教育勅語=儒教的イデオロギー」対「明治憲法=西欧的制限君主制」の”相剋の歴史”であった近代天皇制https://t.co/VMfmdQu48O
12-18 03:40

■山本七平botまとめ/見えざる法に違反したために罷免され追及された内村鑑三/~「憲法に基づく法的秩序」と「教育勅語の”口伝”的儀式化に基づく秩序」というダブル・スタンダード~https://t.co/sSSXaAvwLq
12-18 03:50

■山本七平botまとめ/「外装的法体系の支配」と「内実的”口伝”体系の支配」/~近代国家において「軍が暴走して戦争になる」ことはありえないという”チャーチルの原則”が通用しなかった日本~https://t.co/A4Kzb7Atfy
12-18 04:00

■山本七平botまとめ/戦前にもあった象徴天皇制/~「被統治意識」と「外装的体制」という”二重基準の矛盾”こそ明治以降の天皇制で追及すべき本当の問題~https://t.co/8xeW7N2qnu
12-18 04:10

■山本七平botまとめ/教育勅語”口伝”で絶対化された権威で、その権威を否定していく西欧的体制を強行してきた「矛盾」が致命傷となった日本https://t.co/rAsIEEr3OR
12-18 04:20

■山本七平botまとめ/文化混交による二重の非合理性に潰された日本/~現代に至るまで「西欧的=合理的」「日本(儒教)的=非合理的」という奇妙な迷信をもちつづけている日本人~https://t.co/ENVq0sVWlZ
12-18 04:30

■山本七平botまとめ/「日本の非合理性(社会問題の自己同定化)」に「西欧の非合理性(殉教者自己同定化)」が加わった状態の日本社会https://t.co/jFAcA4qEKa
12-18 04:40

■山本七平botまとめ/日本社会に根付いた西欧的非合理性「殺される側に立つ論理」/~天皇制の害悪の実体とは”軍刀の知識人”が振るった「知的テロリズム(西欧の異端宣告)」~https://t.co/079UgRa9b5
12-18 04:50

■山本七平botまとめ/”牢獄の中の天皇”論/~美濃部機関説「国家法人」の総攬者としての天皇に対する被統治意識を持たなかった二・二六事件の青年将校~https://t.co/GYTLohdpPb
12-18 05:00

■山本七平botまとめ/プロテスタント病の典型――アメリカ/~”自己義認の連鎖”の罠に陥った「プロテスタント病に対する抵抗力無き」日本社会~https://t.co/wxFDamqwoo
12-18 05:10

■山本七平botまとめ/大正自由主義時代のプロテスタント病的傾向を「自由主義」排撃の名のもとに、天皇への無謬性寄託という形で排除しようとした「軍刀の知識人」https://t.co/77YUvsYl8r
12-18 05:20

■山本七平botまとめ/自己義認に始まる循環連鎖に囚われ続ける日本人/~日本が一億玉砕から、一気に無条件降伏、平和国家へと転換し得た理由とは~https://t.co/oBmaNnqLlO
12-18 05:30

■山本七平botまとめ/西欧社会の「対立」と日本社会の「分立」/~人間を「悪人・善人と分けて把握することを禁じたキリスト教国」と「善人・悪人に分けて把握する日本」~https://t.co/AhefaFlm8C
12-18 05:40

■山本七平botまとめ/歴史は一方向に進むという考え方を人類の世界にはじめてもち込んだ旧約聖書/~「一方向に進む」歴史的過程の中に生きている日本人~https://t.co/sDmlU4FfXD
12-18 05:50

■山本七平botまとめ/「死後閣魔様に舌を抜かれるから嘘をつくな」的終末論が横行する日本/~未来の確定を絶対視する事で、現在を徹底的に規制する終末論の恐ろしさ~https://t.co/RkCJ0zlKXJ
12-18 06:00

■山本七平botまとめ/マルクス主義とインド的世界の対比/~「歴史は一方向に進み、それの進行は人間の意志で左右できない必然だ」と考える”旧約聖書的”世界観は、否応無く終末論と終末論的寡判に帰結する~https://t.co/6GCBOOESX5
12-18 06:10

■山本七平botまとめ/神と言い争う”信仰深き”ヨブ/~人と神との関係を対立関係である「契約」においていた西欧人、自己を無にして神と「神人一体」化しようとする日本人~https://t.co/4xnFQT2837
12-18 06:20

■山本七平botまとめ/「対立概念無き」親日と反日/~対象の相反する矛盾を編集して、対立なき「一枚岩的対象」という”虚構”を作りあげる日本人~https://t.co/98CvWSsgw7
12-18 06:30

■山本七平botまとめ/偶像に感情移入する”臨在感的把握”とは/~一方的な感情移入が出来ない「自らの意志を持つ対象(≠偶像)」を信頼しない日本人~https://t.co/AriYJPMzcy
12-18 06:40

■山本七平botまとめ/「戦前の現人神としての」天皇は”仏像”だった/~偶像化して感情を移入し、臨在感的に把握することしかできない日本人~https://t.co/MIXB0e3uX2
12-18 06:50

■山本七平botまとめ/あったがままを編むのが歴史(ヒストリア)/~「歴史」と称する対象への”臨在感的把握”にすぎない日本人の歴史観~https://t.co/FWjiEym1Kr
12-18 07:00

■山本七平botまとめ/日本と西欧で異なる正統・異端の規定/~歴史を「史料として」ではなく、「経典・偶像として」捉えてしまう日本人~https://t.co/1SQixPjdcI
12-18 07:10

■山本七平botまとめ/日本的「善玉・悪玉」の世界がもたらす”物神化”と被拘束現象/~善人なし、悪人なし、いるのは「善悪人」だけのプロテスタント社会~https://t.co/McyKGYOlPb
12-18 07:20

■山本七平botまとめ/前提を動かさない”精神的鎖国”社会の日本/~臨在感的把握の絶対化による、 一方向的自己規制に基づく”前提”をバネに劇的な転換を行なう日本社会~https://t.co/PwBqOrQ7os
12-18 07:30

■山本七平botまとめ/めまぐるしい「リアル」の追求/~先進国というお手本がある期間だけ通用する(日本人が追い求める)リアル~https://t.co/bHRV4N8W4j
12-18 07:40

■山本七平botまとめ/他力本願(ではどうしろと言うのか)からの脱却/~日本人を”精神的”奴隷にしてしまった、明治以来の長い「前提を絶対化」する生き方とは~https://t.co/LKzaW8wccT
12-18 07:50

⑭【山本】ただこの点で大変に困ることは、過去を消すという伝統が、常に、自分たちの規範が、どのような思想的系譜の上に成立してきたかをわからなくすることです。そのため空気になってしまう。この点では戦後の日本人は明治より退化し、かつ幼児化しているわけです。
12-18 08:12

⑮【山本】そして、これが明治の人間があのような危機的状態を克服できたのに、昭和が大きく失敗した理由だと思います。戦後はこの失敗をさらに決定的にする要素を持っている。
12-18 08:42

⑯【山本】この病的状態を克服する為に、自己の精神史の再把握は、確かに疲れることですが、何としてもそれをやる必要がありますね。それは歴史的に見ても精神分析的に見ても、必要不可欠のことでしょう。(終)
12-18 09:12

①前略~1979年は羊どしということで…羊の年にちなんで「無羊文化」ともいえる日本の羊どしに、「有羊文化」の思想を少し探ってみることも、あながち無用のことではあるまい。ホロコーストが紹介されたころ、ある新聞がこれを「大虐殺」と訳していた。<『「あたりまえ」の研究』
12-18 09:42

②大虐殺はホロコーストに関係はなく、この二つは別の概念だから、一人しか殺されなくてもホロコーストはありうるし、たとえば原爆のように両十万人かを殺した場合でも、ホロコーストでない場合もありうる。
12-18 10:12

③朝日新聞には、ホロコーストを強調して原爆を忘れないでほしいといった批評があったが、これは少々見当違いであろう。というのは原爆は外部からきた加害だが、ホロコーストは内部において、絶対的支配により被支配者に向けられる加害だからである。
12-18 10:42

④簡単にいえば、無防備な羊の群れに外部から狼が襲いかかってこれを大量に殺すのが原爆なら、これを支配しかつ保護すべき羊飼いが何かの絶対的なイデオロギーに奉仕して、その本人(羊)にはわからぬ理由で次々と羊を殺していくのがホロコーストだからである。
12-18 11:12

⑤この意味ではホロコーストは、原爆よりもむしろ、新聞が故意にその実態の報道を避けているボート・ピープル、即ち海に追われて、その殆どが海底の藻屑と消えるといわれる人々に近い。いずれも悲惨といえば悲惨だが、支配しかつ保護すべき者によって殺される方が、私には、はるかに陰惨に思える。
12-18 11:42

⑥というのは一方はその瞬間までわからないわけだが、もう一方のホロコースト的状態はジワジワと身辺に追ってくるわけで、その状態を想像すると、このほうがむしろ鳥肌が立つ。
12-18 12:12

⑦ホロコーストは、ナチスの時代にユダヤ人が造り出した言葉(異論があるが)で、ホロコーストンというギリシア語に由来するといわれ、ユダヤ人の著作にもそう書かれているものがあるが、厳密にいうとこれのみとするのは正しくない。
12-18 12:42

⑧ホロコーストンは確かに旧約聖書のギリシア語古代訳に出てくる言葉だが、この場合は穀物供犠に使われ、捧げた穀粒を一粒残らず焼きつくすの意味だが、動物供犠には使われていない。
12-18 13:12

⑨動物を焼いて捧げる供犠、すなわち燔祭(オラー)の訳語はホロコストーマであり、…これは全部(ホロス)と焼く(カイオー)の合成語であり、そのため「全員を大量に焼き殺す」の意味にとられがちだが、元来は一頭を、完全に焼きつくすの意味であり、「大量全員」の意味ではない。
12-18 13:42

⑩両者を意味するホロコーストは、恐らく上記二語からの合成語であろう。自分がそれによって生きている最も重要な生活の資を神々に捧げる事は、いずれの民族でも行われてきた。また個人や集団や一国民の中の罪やケガれを何らかの形で除くという祭儀や習俗もまた、いずれの国でも行われてきた。
12-18 14:12

⑪正月のおそなえ、月見のだんご、おみきなどは前者であり、おはらいは後者の一つであろう。さらに、罪や瀆(けが)れを洗い清めたり、何かに転嫁して除くという発想も、いずれの国にもあった。ヒナ人形を川に流したり、海に入って禊ぎを行ったりするのもその一例であろう。
12-18 14:42

⑫日本人は「無羊民族」だから、このような場合の供犠は穀物か魚か、せいぜいキジくらいに限られていたが、遊牧民ではこれが専ら家畜になって不思議ではない。そして理屈からいえば、この場合、その対象が羊であれ魚であれ米であれ、同じはずである。
12-18 15:12

⑬また屠殺なしでは生活できない人々が、家畜の初子を神前で屠殺することもまた、初穂を捧げるのと原則的には違わないはずである。しかし動物はやはり穀物ではない。従ってそこで感ずる様々な問題点が、ある種の思想へと昇華していっても不思議ではない。
12-18 15:42

⑭これはヒナ人形に罪を転嫁して流すのと似た発想で、捧げる動物は、身分によって牛、山羊、雄羊、羊ときまっていたが、一般庶民は羊なのでこれが最も多く、ここから「贖罪羊」という言葉が生まれた。だがこれは、羊にとっては、まことに割り切れない話であろう。
12-18 16:12

⑮元来は外部の狼から自分を守ってくれる筈の羊飼が、羊には無関係な自分の罪を羊に転嫁してこれを殺すのだから、こんな矛盾した話はない。もし羊にロがきけたら「そんなバカげた話はない。自分の罪なら羊飼が自分で責任を負えばよいであろう。そんな事で殺されるのは真っ平だ」と言った事であろう。
12-18 16:42

⑯人は穀物に対してはこういう感情移入はできないが、家畜にはこれができて不思議ではない。さらにこれが実際には行われなくなり、単に文書の中に残るだけになると、それがさまざまな思想に昇華したり、ある種の発想を誘発しても不思議ではなかった。
12-18 17:12

⑰そしてユダヤ人がナチスの迫害と虐殺をホロコーストと規定しても少しも不思議ではなかった。彼らはその国の中にあって、それへの忠誠を示そうと涙ぐましい努力もした。第一次大戦のドイツ軍におけるユダヤ系の戦死者は全ドイツ軍の戦死比率をはるかに上回るという。だがそれも無駄であった。
12-18 17:42

⑱今では忘れられているが、ナチス時代にも実に大量のボート・ピープルが生じている。…この二つは体質的には同一現象としてなじった者は、ヒトラーというとんでもない羊飼によって様々な罪を転嫁され、絶対性を主張するナチズムの祭壇に燔祭(ホロコストーマ)の羊の如くに捧げられた訳である。
12-18 18:12

①ボート・ピープルとホロコーストは無縁ではない。なぜこうなったのか。その基本にあるのは絶対主義である。個別主義(インディビジュアリズム)の原則は、思想・信条の選択権は個人にあり、個人の選択の集約が政治権力を構成する。<『「あたりまえ」の研究』
12-18 19:12

②ところが絶対主義は、それがナチズムと呼ばれようと共産主義と呼ばれようと、以上の選択権を個人には認めない。解放されたベトナム人は、共産主義であれ自由主義であれ、主義主張の選択権は各個人にあるとはいえない。いわば自己の良心に基づく「選び」の権利を剥奪されてしまうのである。
12-18 19:42

③その瞬間「選び」の権利は権力者の手に落ち、まるで羊飼が羊を選ぶ様に国民の一人一人を選び分ち、移し、自分の好きな様に処分する権力を手に入れてしまう。その結果ある者は新経済区に、ある者は兵隊に、ある者は奇妙な成人義務教育に、ある者は強制収容所にとそれぞれ選別されて送り込まれる。
12-18 20:12

④これに対して国民の方は、思想・信条の選択権さえ失っているのだから、そういう政府を選択するか否かなどという問題は、はじめから問題にならない状態になる。確かに、羊には羊飼を選択する権利はないのだから――。
12-18 20:42

⑤そしてたった一つできることがあれば、それは、柵のすき間を見つけて、危険な荒野や荒海へ脱出することだけになってしまう。こういう状態になれば、選択を許されざる各人の、その「国家の罪」への関心の糾弾は、激しくなって不思議ではない。
12-18 21:12

⑥となれば当然にそれを転嫁してイデオロギーの祭壇に棒げる贖罪羊が必要となる。一方、ボート・ピープルの多くは海の藻屑と消えるという。確かに彼らは、ユダヤ人のように殺されて焼かれることはない。しかし、この人々に様々な罪が転嫁されている。
12-18 21:42

⑦これはヒナ人形に罪を転嫁して海へと流してしまうアジア方式なのかもしれぬ。それは、ホロコーストと実質的には変わらない。
12-18 22:12

⑧ナチスからソ連さらにベトナムヘと、日本の新聞はほぼ一貫して、個人に思想・信条の選択権があるという立場より、この絶対主義的行き方を支持し、これを進歩・解放として高く評価し、それによって生ずる本来の意味のホロコーストを黙認するか、詭弁をもって暗にこれを弁護してきた。
12-18 22:42

⑨いうまでもないが、思想・信条と政治体制の選択を本人の自由意志にまかせるということ、いわば自分が自国の体制を容認できない場合は堂々と正規の手続を経て自由に海外に出国できるということと、海上にホロコーストされることは、全く別のこと、いわば相反することである。
12-18 23:12

⑩ところが少し前の朝日新聞のベトナム・ルポは、これを全く同じ事としている。この種の奇妙な倒錯は、いまではもう一種の新聞の体質なのであろうと思われる。いったい、なぜ、この種の体質が生じたのであろうか?
12-18 23:42

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/tb.php/2451-5e139f7a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

山本七平bot

Author:山本七平bot
山本七平bot(@yamamoto7hei)がつぶやくツイートを日毎にまとめるブログです。
ちなみに、今までこちらのアドレスに存在したブログ「一知半解なれども一筆言上」管理人がつぶやくツイートまとめ記事は→http://yamamoto8heitweets.blog.fc2.com/ へ引越しいたしました。よろしくどうぞ。

山本七平botが、現在つぶやいているツイート

山本七平bot < > Reload

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR