FC2ブログ

Entries

11/19のツイートまとめ

yamamoto7hei

■山本七平botまとめ/【受験勉強的思考】/模範解答が無い問題は考えた事が無い明治以来の日本人https://t.co/0XiUsLDk9C
11-19 00:10

■山本七平botまとめ/【履歴書の検討】/思考不能に陥った「自己把握なき」日本/~明治維新とアメリカ占領統治、二度にわたる過去否定が招いた「無意識の拘束」とは~https://t.co/uBSBKK4Sui
11-19 00:20

■山本七平botまとめ/【履歴書の検討②】/日本民族の履歴書における一転換点となった「かなの創造」「宗教混淆(シンクレティズム)伝統の確立」「朝幕併存体制の確立」https://t.co/LaNzqsAS2b
11-19 00:30

■山本七平botまとめ/【読み、書き、そろばん】/なぜ中国は近代化に失敗し、日本は成功したのか?/~自らを辺境文化と規定し、文化の中心を日本の外に置いて学び取る伝統が「脱亜入欧」を可能にした~https://t.co/hVi8TJkc2H
11-19 00:40

■山本七平botまとめ/【器量絶対の価値観/世俗法、貞永式目】/常識のルーツであり、日本人の考え方・行き方を方向づけた「貞永式目」とは/~どこの国の模倣でもない固有法・貞永式目~https://t.co/VTQupqRddu
11-19 00:50

■山本七平botまとめ/【能力主義】/相続まで能力主義で律していた「貞永式目」以降の日本社会/~男女間で差別が無かった男女同恩の相続原則~https://t.co/IlWVC3L9Mz
11-19 01:00

■山本七平botまとめ/【静かなる下剋上】/徹底した個人主義の下剋上/~「”一揆的”集団主義」と「器量絶対の”下剋上的”能力主義」の二面性を内包する日本社会~https://t.co/RaTJC0r3aS
11-19 01:10

■山本七平botまとめ/【静かなる下克上②】/能力評価以外を不公正と考える日本人/~日本を現代へと発展させたアクセル「能力主義の武家的伝統」とは~https://t.co/jJKRpUJE42
11-19 01:20

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか①】/論語と聖書、共に通暁することは「日本の位置から西欧を見、西欧の位置から日本を見ること」https://t.co/AgR9E5AXR9
11-19 01:30

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか②】/なぜ、日本が近代化を成し遂げながら、伝統的規範を維持できているのか?https://t.co/aEYONtF5Mh
11-19 01:40

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか③】/「由(よ)らしむべし、知らしむぺからす」の曲解を正すhttps://t.co/xFK0sHrZXN
11-19 01:50

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか④】/「信」が失われた無規範社会の恐ろしさhttps://t.co/nCOLynZ7Vd
11-19 02:00

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑤】/世捨人を容認しない孔子/~現実からの逃避は、無規範社会の肯定に同じ~https://t.co/hqyawz0Xa6
11-19 02:10

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑥】/「世俗社会の秩序」樹立こそ、孔子の目標https://t.co/p4fdklIQkM
11-19 02:20

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑦】/民主制(デモクラシー)が機能する為の前提となる「共通の絶対的規範」の存在を忘れてしまった戦後日本人https://t.co/qQs5WN0muy
11-19 02:30

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑧】/「諸悪の根元」を根絶しても、理想社会は到来しない。 https://t.co/B0diRzS92F
11-19 02:40

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑨】/「怪・力・乱・神」を語らず「古(いにしえ)」を好んだ孔子 https://t.co/Fs8iZmDfYu
11-19 02:50

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑩】/「思いて学ばざる」ことの悲劇https://t.co/JTYJWnMLPP
11-19 03:00

■山本七平botまとめ/【今、なぜ「論語」なのか⑪】/理想社会の出現を信じない徹底したリアリストだった「聖」社会人・孔子https://t.co/rc8W6rXdq3
11-19 03:10

■山本七平botまとめ/【有教無類(ゆうきょうむるい)】/論語には能力平等主義の思想はない。https://t.co/O9hoeMeYV7
11-19 03:20

■山本七平botまとめ/「六言六蔽(りくげんりくへい)」六つの美徳(仁・知・信・直・勇・剛)には六つの弊害がある。https://t.co/Dvcs9RGqV5
11-19 03:30

■山本七平botまとめ/「論語的」評価で人物を評価する日本社会https://t.co/JKNZiGVyyP
11-19 03:40

■山本七平botまとめ/なぜ日本は伝統的に平等社会なのか/~日本の平等思想の背後にみえる「孔孟の影響」~https://t.co/hsCwgmWKod
11-19 03:50

■山本七平botまとめ/相当に”暴虐な社会”にっぽん/~タテマエでは民主的なことを口にしながら、ホンネでは「論語的評価」で人を評価する日本人~https://t.co/pdwReGUE07
11-19 04:00

■山本七平botまとめ/平等社会とは「管理を意識させられる社会」であるhttps://t.co/fbdlq1dzRU
11-19 04:10

■山本七平botまとめ/孟子が説いた平等社会の「管理システム」https://t.co/AjCSr1F5rO
11-19 04:20

■山本七平botまとめ/論語は「人望学教科書」/~平等社会での管理職を決める唯一の原則は「人望」~https://t.co/aCtaj1Uxnj
11-19 04:30

■山本七平botまとめ/「天命」を忘れ去った戦後教育の問題点https://t.co/8dNwL1pkDM
11-19 04:40

■山本七平botまとめ/一揆的集団主義の伝統的文化を持つ日本/~アメリカ式経営が日本で失敗する理由~https://t.co/J9uGNZclU6
11-19 04:50

■山本七平botまとめ/欧米は法・契約的社会、日本は礼・楽的社会/~「礼楽」を無視すれば、崩壊してしまう日本の組織~https://t.co/ZFfejJDCRQ
11-19 05:00

■山本七平botまとめ/自前の秩序「式目的能力主義」&「一揆的集団主義」を”礼楽”という輸入概念で秩序づけた日本社会https://t.co/5PRQAND1Og
11-19 05:10

■山本七平botまとめ/日本の礼楽的感覚が理解できない外国人https://t.co/dCXHsMfffM
11-19 05:20

■山本七平botまとめ/日本的礼楽社会の問題点/~礼の実行は自己の内心の秩序の問題~https://t.co/zHPNyITwX3
11-19 05:30

■山本七平botまとめ/「天」賦ではなく「多数決」賦人権を民主主義と考える日本人/~「内外規範の峻別」をせず「一致同心」を求める日本的伝統とは~https://t.co/N4hjjTDK6A
11-19 05:40

■山本七平botまとめ/西欧の民主主義と全く異なる日本の「天意=人心論」的民主主義/~天賦人権論が蔑ろにされる理由とは~https://t.co/susg3mLrri
11-19 05:50

■山本七平botまとめ/法治を排する徳治主義/~「孟子主義」色が濃い民主主義もどきの日本~https://t.co/RFooPRqUcQ
11-19 06:00

■山本七平botまとめ/民意を絶対としながら、民意の投票結果を絶対としない日本人https://t.co/xxbxARlLKK
11-19 06:10

■山本七平botまとめ/易姓革命が無かったことを恥じた日本人/~「民意絶対」&「聖人政治家待望」&「ノン・カタギへの期待」という奇妙な分裂的混乱状態にある日本~https://t.co/TrMNZn04nQ
11-19 06:20

■山本七平botまとめ/男女の役割が逆転した社会は「進歩」なのか?/~「男性的・女性的」要素の大部分は”後天的に”社会的任務によって決定される~https://t.co/wnQjbPvvog
11-19 06:30

■山本七平botまとめ/二千年前のエジプト下層民の風習であった「仲人なしの契約結婚」形式を”進歩”とは呼ばない。https://t.co/JANcIRVmK0
11-19 06:40

■山本七平botまとめ/約二千年前の「ババタの書類」/~第二次ユダヤ叛乱で死んだ未亡人ババタ~https://t.co/MvVWV15KaI
11-19 06:50

■山本七平botまとめ/文化混交に基づく「二重の基準」がユダヤ民族を滅ぼした/~西欧の「根」から生まれた思想を「オウム」のように口にすることを、なぜわれわれは”進歩”と考えるのか~https://t.co/w4ka4S8PTl
11-19 07:00

■山本七平botまとめ/「イギリスによるタチャンブリ人の部族間戦争禁止」と似ている「アメリカによる平和憲法」https://t.co/XzKxjxZgjn
11-19 07:10

■山本七平botまとめ/ユダヤ民族滅亡の責任を他に求めなかった”臨終医”ヨセフスhttps://t.co/2KI1UDPiQx
11-19 07:20

■山本七平botまとめ/興国史談ばかり求める続けるのも「滅亡の定理」/~「亡国史談」を全く受け入れなかった近代以降の日本~https://t.co/3GsWVmuPwX
11-19 07:30

■山本七平botまとめ/フラウィウス・ヨセフス、民族の裏切り者であり、予言者であり、愛国者であり、臨床医であった男/~民族の滅亡を双方の立場から詳細に見続けた史上唯一の人物~https://t.co/NW0n7NmBGk
11-19 07:40

■山本七平botまとめ/”解放”という名の押付けーーその起源/~「諸悪の根源」だったアレクサンダー大王の東征~https://t.co/dnFkp1OrzK
11-19 07:50

④【山本】確かにそうでしょう。そのかわり貝がちゃんとある。(笑)外部を固めて何物も入れず、時折ちょっと口を開けて、必要なものだけ取る。これをずっとやってきた。だから、自分はこうであるということが、外へ行くと言えなくなるんですよ。
11-19 08:12

⑤【山本】貝のように口をつぐむか、「相手の立場に立って」となっても「自分の立場に立って」がない。従って、対決はしない。だが、徳川時代の尊皇イデオロギストは必ずしもそうでないです。やはりペリー・ショックの影響は大きいでしょうね。対決ということを誰もが反射的にいやがる。
11-19 08:42

⑥【山本】ところが、たとえばエルサレムなんていう所は、「相手の立場に立って」といえる場所がなくなるんですよ。三大宗教のどの立場に立っても、ほかの二つから文句が出るでしょう。【岸田】なるほど。
11-19 09:12

⑦【山本】この前テレビでエルサレムを紹介する時に、結局、三大宗教共通の聖所であるという言い方で押し通しちゃったけれども、こんな妙な話はない。三方から文句がきても不思議はないんでしてね。大体彼らは自分の立場を明確に主張してくる。イスラムはイスラムの、ユダヤはユダヤの立場をね。
11-19 10:12

⑧【山本】だからつくづく思いましたが、ああいう処へ行って論争しても、これは勝てない。「相手の立場に立つ」人間が一種の内心の決意を経て土俵に上るのと、何らの決意もなく、当然の状態を当然のままで出てくるのとでは勝負になりませんよ。日本の対外的な摩擦は全てこの問題を抱えているんです。
11-19 10:42

⑨【岸田】結局、他人との友好的な協調のあり方が違うんですね。【山本】違うんです。【岸田】日本人は、自分の主体的判断をお互いに捨ててというか、横にのけておいて仲よくやれば、対決も葛藤もないんだという、一つのフィクションの上に立っている。
11-19 11:12

⑩【岸田】一方、向こうではお互いに自己を最大限に主張し合って、その主張の間に共通一致点を見出すことが双方の協力友好の基礎ですよね。友好ということの意味が日本とは初めから違う。
11-19 11:42

⑪【岸田】だから日本人が自我を捨てる事を前提とした日本的やり方で仲よくしようと思っても向こうは仲よくなってくれない。日本人が自我を捨てたって、向こうは自我を捨ててはくれませんからね。すると日本人の方では…自我を捨てて譲歩しているのに、お前は少しも歩み寄ってこないと腹を立てる。
11-19 12:12

⑫【岸田】向こうに言わせれば、そこで日本人がなぜ腹を立てるのかがわからない。【山本】そこなんです。「双方互譲の精神をもって」と新聞の社説なんかではよく出ていますね。しかし、譲れば相手が一歩踏み出して来る社会では、双方徹底的な自己主張をして妥協点を見つける以外にない。
11-19 12:42

⑬【山本】いわば実にしんどい対話が必要になる。これが判っていないんです。面白い話がありましてね。ある世界的な教会会議の事なんです。…ある日本人牧師が、ご意見はと訊かれて「皆さんと同じです」といった…そうしたら議長から「明日から会議に出て下さらなくて結構です」と言われた。(笑)
11-19 13:12

⑭【山本】つまり、意見が違うから会議をもつのであって、皆さんと同じ意見の人間ならもう出なくていいという訳なんです。日本人は小異を捨てて大同につき、同じだという処だけを一生懸命語る。彼らは99%同じ意見でも、1%違えば、その違う処だけを語る。ベギンもサダトもそうですなあ。
11-19 13:42

■山本七平botまとめ/【唯一神と血縁/断章取義③】日本文化はサザエである/背骨(バックボーン)がない日本人/互譲の精神が友好の第一歩だと考える日本人と自己主張し合って妥協点を見つけるのが友好だと考える外国人https://t.co/T4DAxqfGLp
11-19 14:12

①【岸田】結局、それではなぜ日本人はこうなったのかという問題ですね。【山本】そうなんです。どうしてそうなっちゃうのか。これは岸田さんのおっしゃる本能の壊れた人間、その壊れ方の問題ですか。<岸田秀との対談集『日本人と「日本病」について』
11-19 14:42

②【岸田】いえ、それぞれの民族の文化の違いは、本能の壊れ方の違いなのではなくて、壊れたあとの対処の仕方だと思うんです。人間は本能が壊れた動物だとぼくは言ってるわけなんですけれども、本能とは何かというと、行動形式を指図するものですよね。
11-19 15:12

③【岸田】本能が壊れていなければ、本能に指図された行動形式によって、この自然の中で生きていけるわけです。その本能が壊れてしまったとなると、それに代る人工的な行動指針を人間は不可欠に必要とする。ところが、行動基準の根拠はどこに置くかとなると、根拠は実際どこにもない。
11-19 15:42

④【岸田】そこでヨーロッパと日本を考えますとね、きわめて単純化して言えば、ヨーロッパでは絶対的な唯一の神というものを創り上げて、そこから壊れた本能の代用品としての行動指針をぜんぶ引き出してきた。
11-19 16:12

⑤【岸田】一方、日本は、人の和というか、自分が属している集団、自分の接している人々の間で、みんなの意見が一致すればそれに従うという行動指針ですね。これも一つのすごい指針だと思うんですが、日本文化というのはこういう形なんじゃないか。
11-19 16:42

⑥【岸田】だから彼らのように、一つの絶対的な原理に立った行動指針をもつ人々から見れば、日本人はまったく節操がなくて、その場に流され、あっちで言ってることとこっちで言ってることが違う、ということになるんですが、日本人からすれば、そうした「和」こそが原理である。
11-19 17:12

■山本七平botまとめ/【唯一神と血縁/断章取義④】人間は本能が壊れた動物/壊れた本能に代わる行動指針を「唯一神」に求めたヨーロッパと「人の和」に求めた日本人https://t.co/gugrylI6aD
11-19 17:42

⑦【山本】ユスフザイという人が、イスラム教徒には元来、人と人との間に契約がないということを紹介していますが…全くその通りなんですね。なぜそんなことになるかというと、アラーがいるわけです。個人個人がアラーと対峙して、アラーとの間に契約を結んでいる。
11-19 18:12

⑧【山本】これが学者のいう上下契約で、その契約内容が同じならば結果において個人と個人との間に同じ関係が生ずる。これは…ヨーロッパも根本に戻るとこの形なんです。宗教法というのが神と個人との契約内容となっているわけです。https://t.co/BY3Ce6ebfR
11-19 18:42

⑨【山本】彼はこれをおかねの貸し借りにたとえて説明していますが、つまり貸借をどうすべきかは、各人の神との契約で決まっている。この契約の内容がつまり宗教法ですから、改めて個人と個人が話し合って契約をする必要がない。
11-19 19:12

⑩【山本】彼らの社会では、この神との契約に基づく自己規定のない人間というのは信用されないんです。神との契約がないんじゃ、何をするかわからない、これが彼らの精神構造の基本でしょう。【岸田】なるほど。
11-19 19:42

①【神に誓って転ぶ】【山本】日本人の社会には神がいないんですね。人間と人間とがいてお互いの間で相手の立場に立って話し合う訳です。ただ面白い事に、この話し合いの結果を認証するという時に「天地神明」という証人を引っぱり出す事がある。https://t.co/O7fFouRdmg
11-19 20:12

②【山本】だがこの際も、天地神明と人間の間に契約があるわけではない。徳川時代の文書で「南蛮誓詞」というのがあるんですが、これなんか外国人に話してきかせても絶対に理解できない。<岸田秀との対談集『日本人と「日本病」について』
11-19 20:42

③【山本】これはキリシタンが転向の誓詞を奉行に差し出したものなんですけどね、何に誓って転ぶかというと、デウスに誓って転ぶんです。”神に誓って神を信じません”と言わなくちゃいけない。【岸田】完全な語義矛盾ですね。【山本】確かにそうですが、これが日本の社会の特徴なんですね。
11-19 21:12

④【山本】なぜそんなおかしなことになるかというと、日本においては人間と人間の話し合いで決めた事が重要なのであって、神が唯一絶対の契約者ではない。神は単なる証人です。「転ぶ」のも、これは一つの話し合いですよね。
11-19 21:42

⑤【山本】その話し合いの結果一つの結論が出た。そのときに本人の信じている神か仏を証人に呼んでくる必要がある。普通ならば天地神明に誓っていいんですが、そのキリシタンはまだ天地神明を信じていないのだから、彼の側の証人・デウスを呼んでこいというわけです。
11-19 22:12

■山本七平botまとめ/【唯一神と血縁/神に誓って転ぶ①】「神との上下契約しかないイスラム(欧米)社会」と「神との契約がなく人間同士の話し合いしかない日本社会」https://t.co/IXuxANYn83
11-19 22:42

⑥【山本】この、神に誓って神を信じない、という理屈は外国人には何十遍説明してもわからない。と同時に、日本で上下契約の事をどんなに説明しても宗教学者と称する人にすら理解されないのだとつくづく感じたのが宣誓に関する論争でした。誓うという言葉が日本では「お互いの間で」なんです。
11-19 23:12

⑦【山本】ところが、イスラム型乃至はキリスト教型世界では、基本的に言って「お互いの間で誓って、神との契約を破る」などと言うことは絶対に許されないし、天地神明のように神を証人としてひっぱり出すことも許されない。
11-19 23:42

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/tb.php/2422-da717d50

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

山本七平bot

Author:山本七平bot
山本七平bot(@yamamoto7hei)がつぶやくツイートを日毎にまとめるブログです。
ちなみに、今までこちらのアドレスに存在したブログ「一知半解なれども一筆言上」管理人がつぶやくツイートまとめ記事は→http://yamamoto8heitweets.blog.fc2.com/ へ引越しいたしました。よろしくどうぞ。

山本七平botが、現在つぶやいているツイート

山本七平bot < > Reload

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR